• マニフェストスイッチ熊本|熊本県知事選で政策のオープンデータ

    政策を比べて選ぶ

  • 熊本日日新聞に掲載されました

    3候補が回答したマニフェストスイッチの政策

  • マニフェストスイッチ熊本って?

    3月27日投開票の熊本県知事選で政策を比較して投票するため

    共通フォーマットの政策を候補者から収集・公開し、

    データの利活用を推進(オープンデータ化)します。

    マニフェストスイッチプロジェクトって?

    「なんとなく選んでいた選挙」から「政策を比べて選ぶ選挙」へ

    全国の政治家にマニフェストの共通フォーマットを提案し、

    わかりやすく見やすい形で政策を公開・利活用

    (オープンデータ化)するプロジェクトです。

  • なにができる?

    同じ項目で政策を比較できる「候補者版エントリーシート」

    政策を比較して投票できる

    5項目+150字でわかりやすく読みやすい

    選挙で候補者ごとに選挙公報や政策集を比較しようとしても書いてある内容が違うため比較しづらいですが、マニフェストスイッチなら同じ項目について政策を比較できます

    政治姿勢が一目でわかる

    「政策分野注力度」による可視化

    予算を100ポイントもっているとしたときに、政策10分野にどう割り振りるかを聞いたもので、各分野への政治姿勢が一目でわかります

    データを自由に活用できる

    データを使って自由にウェブサイトやアプリを作成できます(詳細はこちら

    図は、政策の内容が一目でわかる「ワードクラウド」で、その他、政策マッピングやハッカソンでの活用事例も触れています

  • どんな情報?

    マニフェストスイッチ型政策フォーマット5項目とその特徴

    【5項目】

    1.政治家を志した理由

    なぜ政治家になろうと思ったのか?人柄がわかります

    2.地域のありたい姿

    地域をどうしていきたいのか?ビジョンがわかります

    3.解決したい課題

    どのような課題があると考えているのか?問題意識がわかります

    4.具体的な政策3つ

    解決するための重要政策は?政策の優先順位がわかります

    5.政策分野注力度

    政策10分野にどう予算を配分するか? 政策への態度がわかります

    【3つの特徴】

    150字

    それぞれ150字で書かれ、わかりやすさと見やすさを重視

    政策のフレームワーク

    地域の理想像と現状の課題、解決のための施策を明記

    政策の優先順位づけ

    政治家が重要と考えている政策の優先順位をあぶりだします

  • 熊本県知事選挙

    2016年3月10日告示/3月27日投開票

    ※立候補者(届出順)

    情報の見かた・くらべ方

    人柄を知る→政策をくらべる

    立候補表明者のお名前、年齢などが届出順に並んでいます。

    文章は「政治家を志した理由」を直接、各候補者が答えたものを掲載しています。

    地域への思いや志に共感した候補の「政策はこちら」や以下資料をご覧になって、政策を見比べてください。

    熊本県知事選2016 政策検討資料 をみる

    弁護士 49歳 新人

    詳しい政策は≫こちら

    【政治家を志した理由】

     小・中学校とおして新聞配達をし、大学時代は港の荷揚げ作業のアルバイトをし、家計を助けました。貧困と格差を体で感じて育ちました。「真面目に働く者が報われる社会を」と弁護士になりました。

     弁護士の仕事をつうじて、「弱者が切り捨てられる政治を変えなければ」と強く感じ、チャレンジを決断しました。

    知事 69歳 現職

    詳しい政策は≫こちら

    【政治家を志した理由】

     高校で落ちこぼれだった私が21歳で農業研修生として渡米し、初めて勉学の喜びと面白さを実感しました。その後、ネブラスカ大学、ハーバード大学院、東大教授、熊本県知事と異色の経歴を歩みました。

     人生の可能性は無限大です。学問との出会いが私の人生を変えた様に、政治家として多くの方に夢の力を伝えたいと思います。

    前熊本市長 50歳 新人

    詳しい政策は≫こちら

    【政治家を志した理由】

     バブル経済や55年体制の崩壊といった政治経済の大きな変化の中、銀行員として政治経済の重要性を感じ、政治の世界に挑むことを決意しました。

     3期12年務めた熊本市長を退任後、県内各地の疲弊した状況を目の当たりにし、人口減少社会や拡がる地域間格差を乗り越えるために、県政を担う覚悟を決めました。

  • 地域のありたい姿と解決したい課題

    地域への思いと課題意識 ※左上から届出順

    寺内大介

    詳しい政策は≫こちら

    【地域のありたい姿】

     高校生、中学生、保育園児と3人の子育て真っ最中です。子どもがすくすくと笑顔で育つ地域、自然と環境が守られ、地場の産業が元気で、活力が持続される地域―を願い、実現するために励みます。大事な地域社会の平穏を壊し、未来を奪う原発再稼働、ムダなダム建設、乱開発などには心底怒りを覚えます。

     

    【解決したい課題】

     阿蘇世界ジオパークの見どころ(サイト)のひとつである立野峡谷の柱状節理などを破壊する立野ダム建設を何としても中止したい。「ノーモアミナマタ訴訟」の弁護団事務局長として活動してきました。公式確認60年目を迎える今年、すべての水俣病被害者の救済のための道を拓く年にしたい。私の固い固い決意です。

    蒲島 郁夫

    詳しい政策は≫こちら

    【地域のありたい姿】

     村一番貧しい家に生まれましたが、夢があったから苦難を乗り越えることができました。私はこうした経験から「経済的な豊かさ」だけではなく、「誇り」「安全・安心」「夢」も大事だと考えています。熊本を越えて世界でも活躍しているくまモンしあわせ部長とともに、日本一「幸せ」を実感できる熊本を創りたいと思います。

     

    【解決したい課題】

     熊本には豊かな自然や歴史・文化、優れた企業や充実した医療体制など、仕事や子育てのために最適な環境が揃っています。この宝をさらに磨き上げ、将来にわたって次の世代に引き継いでいくことが大事です。そのためにも、若い世代に熊本で暮らすことの「価値」に気づいてもらい、一緒に守っていくための取組みを進めます。

    幸山 政史

    詳しい政策は≫こちら

    【地域のありたい姿】

     熊本は九州の中心に位置し、美しい景観や豊かな農林水産物、多様な文化、教育機関や医療施設の集積、最先端産業の立地などの優れた点が多く、阿蘇や天草等の地域ごとの異なる魅力があります。その多様性こそが熊本県の最大の魅力です。人口減少社会を克服して、その魅力を磨き、全国や海外に力強く発信していきます。

     

    【解決したい課題】

     人口減少社会や拡がる地域間格差、県民の暮らしが脅かされ、将来に対する不安が高まりつつあります。県民一人ひとりの暮らしを守ることは行政の責任であり、市町村合併が進んだ中、広域自治体である熊本県も市町村の補完機能や調整機能を最大限に発揮することで、県民の暮らしや地域コミュニティを守る必要があります。

  • 3つの重要政策

    地域のありたい姿を実現し、地域の課題を解決する重要政策

    ※上から届出順

    寺内 大介

    詳しい政策は≫こちら

    1.  年金給付の引き下げ、国保料(税)の引き上げ、要支援1・2の介護保険外し、ベッド数の削減等、社会保障の連続改悪の中止を国に求めます。県知事は、県民のいのちと健康、生活を守るために、悪政に対して「防波堤」の役割を果たすべきです。障害者も、高齢者も、子どもも、安心して暮らせる県政を。
    2.  長年の自民党の政治で、農林漁業は衰退の道を辿ってきました。このうえTPPに加われば壊滅的な状況に追い込まれます。まだ間に合います。TPPからの撤退こそ、農林漁業を守ることです。零細農家も、大規模農家もやっていける価格保障・所得補償の充実、自由化路線を転換し、自給率向上をめざします。
    3.  雇用は、正規雇用が当たり前です。非正規雇用から正規への切り替えが急務です。そのために労働者派遣法の抜本改正を求めます。国・県の援助で、中小企業で働く労働者の最低賃金の引き上げ、保育・医療・介護など社会福祉分野、農林漁業分野での雇用の拡大と待遇改善をはかります。雇用を壊すTPPは撤退。

    蒲島 郁夫

    詳しい政策は≫こちら

    1.  子ども達は未来の熊本を担う「宝」です。子ども達が家庭の事情に関わらず、夢に向かって挑戦できる環境を整えるため、生活保護世帯等からの大学進学を支援する奨学金など“貧困の連鎖を教育で断つ”取組みや、“グローバル人材の育成”に向けた海外大学進学のサポートや「英語教育日本一」を目指した取組みを進めます。
    2.  「万田坑・三角西港」の世界文化遺産登録を契機に、ホップ・ステップ・ジャンプの勢いで「天草の﨑津集落」、さらに、「阿蘇」の世界文化遺産登録の取組みを進めます。そして、熊本の素晴らしい自然や歴史・文化をPRすることで、世界の観光客が熊本を訪れる機会を増やし、熊本のファンになってもらいたいと考えています。

    3.  熊本は九州の中央に位置しています。歴史上栄えたローマのように、“すべての道は熊本に通じる”をテーマとして、熊本と九州各県を結ぶ幹線道路の整備を加速化させます。こうした取組みを通じて熊本の拠点性(優位性)を向上させ、熊本が九州を支える拠点となるよう着実に準備を進めていきます。

    幸山 政史

    詳しい政策は≫こちら

    1.  集落が点在する地域では、地域の中心部に商店や医療機関、行政サービスの窓口等、日常生活に必要な機能を集約した「小さな拠点」づくりを地域住民の皆さんとともに取り組みます。「小さな拠点」とそれ以外の集落は、デマンドタクシー等の移動手段や情報通信技術を活用することで、そこに暮らす住民の生活を支えます。
    2.  平成の大合併により県内の市町村の数は平成15年の94から45へ半減し、熊本市は県並みの権限を持つ政令指定都市へ移行するなど、県内の市町村の形は大きく変わりました。一方で県の組織や役割はほとんど変わっていません。熊本市への更なる権限移譲や県の地域振興局を強化することで地域間格差の是正にも取り組みます。
    3.  保育所や認定こども園における保育のほか、小規模保育や家庭保育等の様々な形態の保育によって待機児童ゼロを目指すとともに、病児保育や放課後児童クラブの県下全市町村での実施を支援します。また県として子どもの医療費助成を拡大することで、子育て世帯の経済的負担の緩和や市町村財政の支援に取り組みます。

  • 政策分野注力度 比較

    仮に予算を100ポイントもっているとしたときに、政策10分野にどう予算を配分するか? 政策への態度がひとめでわかります。

    ※上から届出順

    寺内 大介

    詳しい政策は≫こちら

    蒲島 郁夫

    詳しい政策は≫こちら

    幸山 政史

    詳しい政策は≫こちら

  • 熊本政策マッピング

    熊本政策マッピング

  • 政策ダウンロードページへ

    熊本県知事選の3候補の政策をtsv でダウンロードする

  • お問い合わせ

    マニフェストスイッチ事務局(早稲田大学マニフェスト研究所内)